最高のフォトを残せる名古屋の写真館はどこ?

名古屋の写真館人気ランキング  » シーン別 写真館活用ガイド » 七五三

七五三

七五三の衣装には、伝統に基づいた決まりがいろいろ。以下、七五三の衣装を年齢順にまとめました。

3歳は髪置き、5歳は袴着、7歳は帯解き

七五三の衣装はどうしますか?3歳は「髪置き」。男女ともに「髪を伸ばし始める」ことを祝います。女の子は晴れ着に帯を結ばず、ひもで結んで着付けます。その上に袖なし襟つきの「被布」を羽織って可愛らしく。

男の子は「羽二重のし目模様の紋付二枚かさね」にへこ帯。やはり袖なしの羽織りを着ます。

5歳は「袴着」。はじめて袴を身につける男の子の儀式です。衣装は「羽二重の五つ紋付きのし目模様」や「色紋付の長着」。そこにお揃いの羽織りを合わせます。袴は黒・紺・茶の無地か派手な縞模様など。白い扇子と守り刀を忘れず身につけましょう。

7歳は「帯解き」。はじめて大人同様、帯を結ぶことを祝います。大人の女性と同じような振袖を、肩上げやおはしょりして体に合わせ、帯を締めます。柄は華やかな「友禅模様の絵羽つけ」や「友禅模様の総柄」。

ひと通り揃えるだけでも大変ですから、レンタルを上手に活用すると良いでしょう。

ただ3歳は、男女ともにお宮参りの祝い着を仕立て直すことも。私の娘の3歳の着物は、30年前の私のお宮参りの祝い着を仕立て直してつくりました。思いのほかステキに仕上がってうれしかったのを覚えています。

七五三の撮影は家族揃って

七五三は、子どもの可愛らしさを残すのはもちろん、家族で記念撮影するのに絶好の機会と言えます。

ママもパパも装いを整えて、しっかりとしたスタジオでいっしょに記念撮影をしてみては?

ママは和装の場合、少しひかえめな色無地や付け下げが良いでしょう。洋装の場合はシックな色合いのスーツやワンピースで。あくまでも主役は子どもなので、脇役に徹してあげてくださいね。パパはダークスーツを着るのが一般的です。

写真館によっては、パパママ用衣装の用意もありますので、上手く活用してくださいね。

またこの機会に男の子ならタキシード、女の子ならドレスに身を包んで洋装バージョンも撮影しておく良い記念になりますよ。

お参りの日とは別に夏休みなどを利用して写真館で写真だけ撮っておくと、ゆっくり撮影できるうえ、お値段がすごく良心的なのでおすすめです。

七五三には何をするの?

そもそも七五三はなんのために?七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の11月15日にその地域の氏神様を参拝する行事。無事に育ったことを感謝し、これからも健やかに成長するようにお願いします。

昔は子どもが幼いうちに亡くなってしまう事が多々あり、7歳まで健康に成長してくれるようにと、お願いした儀式です。

 

数え年でお参りするのが習わしでしたが、最近は満年齢で行うケースが多いそう。

お参りする日も11月15日に限らず、10月~12月の中で都合の良い、天気の良い日を選べば良いでしょう。

神社についたら、全身のけがれを落とすため、手水舎で手と口を清めます。このときひしゃくに直接口をつけるのはNG。左手を洗ったらその手の平に水を受けて口を洗います)、参道を通って神殿へ。

賽銭箱の前で一度会釈をし、お賽銭をそっと入れます。その後深いおじぎを2回、胸の高さで拍手を2回したら、両手を合わせてお祈りします。最後に深いおじぎをもう1回。「2拝2拍手1拝」という正式な参拝の作法です。

また社務所で申し込んで祝詞をあげてお祓いしてもらうのも、より本格的で良いですね。神社によりますが、その場で申し込んですぐにしてもらえるところが多いです。(予約が必要な神社もあるので、事前に問い合わせるのがベター。)

お礼金は神社の方で設定しているところもありますが、それがない場合、だいたい3,000円から1万円位を目安にしてくださいね。

 
ページの先頭へ