最高のフォトを残せる名古屋の写真館はどこ?

名古屋の写真館人気ランキング  » シーン別 写真館活用ガイド » 初節句

初節句

初節句を良いカタチで記念写真に残すには?

お雛さまや兜飾りとハイチーズ!

初節句の写真は、かわいく撮りたいですね。初節句の記念写真で人気なのは、女の子の場合お雛さまといっしょに十二単姿で撮るなんていうのがあります。お雛さまの一員になったみたいで可愛いんですよ。

もちろんドレス姿もチャーミング。ひな祭り用のケーキや桃の花といっしょに撮るとステキですね。

男の子の場合は兜(かぶと)飾りや鯉のぼりといっしょに。衣装は金太郎や桃太郎といったユニークなものから、シックな着物姿までいろいろ。

いずれにしても写真映えする小道具が揃う行事だから、味わい深い仕上がりになるのがウレシイです。

桃の節句と端午の節句の意味は?

3月3日の桃の節句も、5月5日の端午の節句も、季節の変わり目に厄払いをして子どもの健やかな成長を願うというのが根本的な考え方。

女の子はお雛さまを飾ることで、人形が身代わりになり邪気を払うと信じられていました。

端午の節句は兜や鎧(よろい)、もしくは五月人形(武者人形)を飾ることで強く立派に育ってほしいという願いがこめられました。

また江戸時代から盛んになった鯉のぼりは、立身出世を祈願するものです。

桃の節句と端午の節句は何をするの?

端午の節句も楽しみがいっぱいです。桃の節句は膳を用意してお祝いしましょう。

堅苦しく考える物ではないので安心して下さい。色鮮やかなちらし寿司や、美味しいハマグリのお吸い物、可愛い菜の花のお浸しなど、家庭でできる範囲で用意して、家族や親しい人といっしょに楽しんで。

ひな人形の飾り付けも、親子いっしょにすればかけがえのない思い出に。他にひなあられやひし餅、白酒なんかを用意するのもいいですね。最近ではひし型の雛まつりケーキなんかも人気です。

端午の節句といえば、やっぱりちまき。“ちまき食べたべ、兄さんが計ってくれた背の丈”なんて歌にも出てきます。

他には柏餅を食べるのも一般的。柏には(新しい芽がでるまで古い葉が落ちないことから)“家督が絶えない”という意味が込められているそうです。

 
ページの先頭へ